Change Language

自動翻訳機能

WWOOFジャパン規約 - ログイン

WWOOF ジャパンの規則についてご確認・同意ください。


WWOOF ジャパンの規則にご確認・同意し、このページの下にある『同意する』をクリックされると、ログインが完了し、ページを先に進ませることができます。
同意されませんと、ページを進ませることができません。
クリックされるたびに、あなたへの記録としてこの同意された規則がメール送信されます。
WWOOF ジャパンへも同様に記録メールが届きます。


ユーザー名:


WWOOF ジャパン LLP

WWOOF ジャパンは有限責任事業組合です。

WWOOFジャパン ウーファー規約

日本国内のウーファー登録をする方は、この規約に同意したとみなします。

WWOOFジャパンのウーファー登録をするものは、WWOOFの決まり事項・諸規則遵守に同意したとみなす。 背く者は違反金が徴収される。

1、WWOOFに適さないとWWOOFジャパンが判断した者は、途中でもウーファー登録が取り消される。
2、一人につき一登録。
3、WWOOFホストへの連絡時、訪問時は、一名であっても複数名であっても一人ずつ全員が、事前にウーファー登録を完了しなくてはならない。
4、ウーファー許可証に記載された者だけがWWOOFに関する情報、資料を利用できる。WWOOFに関する一切の譲与は不可。
5、ホストへ行くときは、有効なウーファー許可証と、身分証明書の原本またはコピーを持参しなくてはならない。
6、自己責任でWWOOFする。
7、WWOOF登録に保険は含まれていない。
8、自分が安全であるか判断できないときはそれに参加しない。安全を第一に考えること。
9、査証関係の援助はできない。
10、WWOOFジャパンへ直接書面許可を得ることなしに、ホストにWWOOF以外の事項、例:商用・取材などで連絡することはできない。
11、WWOOF滞在日程などに変更があるときは、すみやかにホストに連絡する。
12、違反金は、登録費のほか関係者一名につき、一WWOOF登録費と同じ額が最低請求される。
13、常に、WWOOF規約やガイドライン、心構えなど、WWOOFの規則に沿って行動する。
14、WWOOF規則は通知なく変更される。

気持ちのよいWWOOFができるように、ルールを守り行動してください。

WWOOFホスト規約

WWOOFホスト登録をする方は、この規約に同意したとみなします。

1. 日本でWWOOFのしくみを利用する人は、必ずWWOOFジャパン事務局のWWOOF登録をしなければなりません。
2. WWOOFホストは、WWOOFジャパン事務局の指示・通信に常に従ってWWOOFを進めます。
3. WWOOFホストとは、ホスト代表者とその家族、そこで従事する人、滞在する人などWWOOFホストに関係のある方すべて含みます。WWOOFジャパン事務局が認めた特殊なケースのほか、複数の家族で一つのホスト登録をすることはできません。
4. WWOOFホストとして不適任とWWOOFジャパン事務局で判断した場合は、登録の認定はできません。登録中でもWWOOF ジャパン事務局の判断で登録解除されます。ほか、WWOOFジャパン事務局の指示を守らないとき、ウーファーからWWOOFホストに対して不満の通知がありWWOOFジャパン事務局が状況把握後もホストに非があるとき、WWOOFのシステムに賛同されないときなどは、登録の途中でも解除します。登録費の返金はありません。
5. 登録は1年ごとの更新です。一度登録費を払い、ホストとして認定されたものは途中退会することになっても返金はできません。
6. ホストは自分の意思でいつでも退会できます。途中退会でも返金はありません。
7. WWOOFホスト申請書の内容は、ウーファーがホストを選択する基準となるホストプロフィールつまりホストリストの元になります。事実と反することは一切記載できません。また内容に変更があったときは、すみやかに修正しなくてはなりません。
8. WWOOFのホスト情報・ウーファー情報は、各登録者のプライバシーを守るため他者に見せたり外部に出したり一切できません。
9. WWOOFホストとウーファーは「1日三食、宿泊場所提供」と「作業の手伝い<基本:1日6時間程度、最低1週間に1日休日>」を交換し、また、お互いの言葉のやり取り、コミュニケーションや文化の交流を大切にして一緒に生活するものです。
10. 毎月、WWOOFジャパン事務局へウーファー状況報告を送らなくてはなりません。
11. ウーファーの申し込み、問い合わせが入ったときには、コードを確認し、登録が有効のウーファーか確かめた上で回答しなくてはなりません。ウーファーは家族であっても友人であっても一人ずつの登録が必須です。
12. ウーファー到着時には、ウーファー許可証を受け取り、身元確認書類を確かめ、滞在の指針を示すオリエンテーションを行なってください。
13. WWOOF(trademarkregistration)の名前や、WWOOFウェブサイトの内容及び案内書の内容を、WWOOFホストが自身のウェブサイトや通信など公の場で記載されたい場合は、掲載の前にWWOOFジャパン事務局の許可を受けて下さい。内容確認のために、その内容の提示も必要です。
14. よりよいWWOOF作りのため、WWOOFジャパン事務局が不定期でお聞きする質問やアンケートにお答えいただきます。
15. 未登録ウーファーから連絡が入ったときは、ただちにWWOOFジャパン事務局へご報告ください。
16. 問題が生じたときには、WWOOFジャパン事務局へご報告ください。
17. WWOOFホストとウーファーとで生じる事項すべて~口論、喧嘩、盗難、怪我、病気、建物設備の毀損などの責任は、WWOOFジャパン事務局では一切負えません。
18. WWOOFホストの規約は、通知なく状況に応じて内容を変更します。ホストは定期的にWWOOF ホスト規約を読んでください。
19. ホストがWWOOF 登録の更新をするときは、最新のホスト規約を読み、内容について承諾しているとみなします。規約内容に賛同しなければ、更新はできません。
20. 本規約に関連して生じた紛争があるときには、札幌地方裁判所、札幌家庭裁判所、札幌簡易裁判所のいずれかを第一審合意管轄裁判所とします。  
同意する | 同意しない
WWOOF ジャパン 〒065-0042 札幌市東区本町2条3丁目6−7
E-mail:ご連絡フォーム FAX: (03) 4496-6370

WWOOF Japan LLP(有限責任事業組合)