h2364

最初に登録してから
17 年〜

九州/沖縄
大分県
由布市 湯布院町
User ID
2364
ユーザー名
h2364
Yufu-shi / Yufuin-cho
  • 農業(野菜中心)
  • 農業(米中心)
  • 農業(多種生産物)
  • 農家レストランや農家カフェ
  • レストラン
  • 農産物加工
  • 環境活動実践
  • 福祉活動実践
  • 農業の一般知識
  • 米作り
  • 野菜作り
  • 世界の平和
  • 脱原発運動
  • 日本語学習の機会
  • 英語学習の機会
  • 日本語・英語以外の言葉の学習の機会
  • 食農教育
  • 音楽コンサート
  • 楽器の演奏
  • ストローベイルハウス
  • スローフード
  • 郷土料理
  • 料理法全般
  • 料理教室、料理ワークショップ
  • 音楽ミニコンサート
  • 自然散策
  • 山歩き
  • 野鳥観察
  • 温泉
半分程度
いいえ
意識を持っているが無理をせず自分たちのやり方で生活している
原っぱカフェでは、地域の農家の野菜をやお米を使い、ビュッフェで提供する料理に使用しています。その上で、足りないお野菜については、近隣の時々、お手伝いしたりしている農家さんや、近所のスーパーなどでも購入しています。(原っぱカフェで使っている野菜は全てがオーガニックというわけではありません)
At Harafield Cafe, we use vegetables and rice from local farmers for the dishes we serve at the buffet. In addition, we purchase vegetables that are not enough from farmers in the neighborhood that we sometimes help out with, or from local supermarkets. (Not all of the vegetables we use at the Hara Banda Cafe are organic.)
  • 肉魚含む一般的な料理です
  • 食生活にはこだわっています
  • いろいろな国の料理を作ります
  • 時にアジア料理を作ります
  • 時に欧米風料理を作ります
  • 食事の時間が不規則です
  • 食事はだいたいが手作りです
  • ファーストフード(マクドナルド、ケンタッキーフライドチキンなど)は一切食べません
誰もタバコは吸いません
アルコールはほどほどで、パーティなど行事があるときにはウーファーと一緒に飲むときがあるかもしれないが、滞在中は機会があるかわからず、期待はしないようにしてください
  • 農村/一般住宅半々
  • 町の中
  • 山の近く
  • 割合にぎやか
  • 小さな道に面している
住居と仕事場とは一緒(またはほぼ一緒)の場所にあり、この回りの雰囲気についてです
200坪以内
  • 2階建て
  • そのほか
ウーファーさんの滞在する家は、私たちのカフェのすぐ隣にあります。
シングルベッドの部屋が3つ、ツインベッドの部屋が2つあります。また、みんなで談笑したり、ときに音楽を演奏したりすることもできる部屋があります。
現在、シャワーやお風呂はありません。入浴は地域の共同浴場に行ってもらっています。(1回200円)
The house where Woofer is staying is right next to our cafe.
There are three single bed rooms and two twin bed rooms. There is also a room where everyone can chat, laugh, and sometimes play music.
Currently, there are no showers or baths. For bathing, we ask residents to go to a public bathhouse in the community (200 yen per time). (200 yen per time).
18
28
18
-3〜10
いいえ
はい
  • ネコ
  • 一年中受入れ
  • 4日〜1週間程度
  • 8〜10日程度
  • 2〜3週間程度
  • 数週間〜1か月
  • 短期でも長期でもよい
  • 状況によってその都度滞在期間が変わる
  • 最初の1〜3日間は試用期間。その間、合わないという結果になると、WWOOF滞在はそれで終了
  • 長期の希望の場合は、1週間滞在してもらってから判断する
5人まで
50人以上
状況によります
  • 条件なし。うちに興味あるウーファーは、ほかに予約なく日程が合えばだれでも受け入れしたい
  • 男女どちらでも
  • LGBTなどを含むどんなジェンダーでも
  • 子どもと一緒のウーファー
  • どの年代でも
  • 日本人も外国人も国籍関係なし
  • 力はあまりなくてもよいが、軽作業ができる人
  • 農の経験がまったくなくても可能
  • 農業に興味がある人
  • 自然が好きな人
  • 環境に興味がある人
  • 田舎暮らしに興味がある人
  • 食に興味ある人
  • 料理ができる人
  • 自炊ができる人
  • 家事が好きな人
  • 掃除ができる人
  • 子どもの面倒ができる人
  • 動物が好きな人
  • アウトドアスポーツが好きな人
  • 障がい者に理解のある人
  • 研修生、スタッフと同じくらい動ける人
  • 接客ができる人
  • 大工関連の手伝いができる人
  • パソコンができる人
  • 積極性がある人
  • 明るい人
  • 話し好きな人
  • おとなしい人
  • おもしろい人
  • にこにこ愛嬌のある人
  • 誠実な人
  • 責任感ある人
  • 自立心がある人
  • 向上心の強い人
  • 我慢強い人
  • 協調性のある人
  • 一人でも自主的に手伝いできる人
  • できる人よりやる気のある人
  • ホストといっしょに勉強し合える人
  • 朝早く起きることができる人
  • 虫が嫌いでない人
  • 夏の蒸し暑さに耐えられる人
  • 車(マニュアル)の運転ができる人
  • 車(マニュアル・オートマチック)の運転ができる人
  • この国の言語を勉強する意欲がある人
  • この国の文化に興味ある人
  • 健康な人
  • 動物アレルギーのない人
  • 卵アレルギーのない人
  • ほこりアレルギーのない人
  • お風呂がないので、近くの浴場使用しており、それでもよい人
  • ほかのホストですでにWWOOFを経験したことがある人
  • そのほか
お肉やお魚を使った料理もよくやりますが、ベジタリアン、ビーガンの方も歓迎です。
We often do dishes with meat and fish, but vegetarians and vegans are welcome.
  • 一般農作業
  • 雑草抜き
  • 草集め
  • 種まき
  • 定植
  • 収穫
  • 土ふるい
  • 鶏糞まき
  • 水まき
  • 田植え
  • 稲刈り
  • 間引き
  • 飼料の生産
  • 牧草地の整備
  • 畑、田の管理
  • 薪運び
  • 農場の開拓
  • 動物の餌やり
  • 動物のボロ出し
  • 動物の世話一般
  • 出荷作業
  • 梱包
  • 配達のサポート
  • 掃除
  • ゴミ拾い
  • 環境活動サポート
  • 食事作り
  • 後片付け
  • 家事手伝い一般
  • 子守り
  • 子供の勉強補助
  • 庭、花壇作り
  • 建物補修
  • ペンキ塗り
  • 体験学習の手伝い
  • 教育指導
  • 店の手伝い一般
  • 家に来るお客さんへの応対
  • 洗濯
  • 雪かき
  • ハーブの加工
  • 食品加工
  • イベント補助
  • 障子張り
  • 障がい者サポート
1日6時間を心掛けるが、作業状況により、増減がある
  • ウーファーやほか研修生、スタッフなどの専用宿舎
  • ふとん使用
  • ベッド使用
  • 一部屋を2人で
  • 他のウーファーや研修生と一緒
  • 材料を上げ、基本的に自炊してもらう
  • 昼は一緒だが、朝と晩は材料を上げるので自炊してもらう
  • 昼と夜は一緒だが、朝は材料を上げるので自炊してもらう
ここでは材料をあげ、それを使って自分で料理してもらう自炊が基本なので、どんな傾向があってもかまわない
特定の場所でのみ喫煙します
  • はい、お手伝いの時間以外はいつでも可能です
はい
忙しさによるが、メンバーの誰かは通常はウーファーと会話できる時間がある
  • 英語がわかれば、話せなくても可
  • 日本語
  • 英語
  • 韓国語
We usually accept WWOOFers at least 2 weeks.
WWOOFers can have 2 DAYS OFF a week at our place as well as Workawayers.
Our activities are mainly at our restaurant 'Harappa Cafe'.
And in the afternoon, we usually goes to our friends' farm to help them or sometimes go to help the handicapped people at their work Place.


You can have ONSEN a natural spa after work everyday.

If you want more information about us,
please look at the website belows;

http://www.oct-net.ne.jp/harappa/harappacafe/staff/introforstaffs.html
受け入れは2週間以上を基本にしています。
1週間に2日休みがあります。(1日はカフェの定休日となる水曜日が休みで、もう一日の休みはその週の前にホストと相談して決めてもらうことになります)

延長は、お試しでこちらでのウーフ体験を数日した後での相談となります。

こちらでのウーファーの主な活動は、コミュニティレストラン「原っぱカフェ」のお手伝い(通年)、午後からは、約2時間程度、近隣の農家のお手伝いなどに出かけています。

なお、仕事の後には毎日、温泉に入れます。

また、以下のページは、こちらでの生活を楽しむ上で、
大切なことが書かれています。
到着前にぜひ読んでおいてください。

http://www.oct-net.ne.jp/harappa/harappacafe/staff/introforstaffs.html
受付中:至急連絡を!
【大分・湯布院】2月21日から2月28日までの約1週間、私たちのカフェをお手伝いいただけるウーファーさんを一人、緊急募集いたします!

私たちの場所は(農場ではなく)カフェとなります。ウーファーさんの活動の90%はお料理に関わることで、残りの10%が知り合いの農場にお手伝いにいくことです。なので、料理に興味があるウーファーさんを募集します。(お料理が上手かどうかは問題ではなく、お料理が好き、あるいは興味があればOKです)

当店のキッチンでは、ウーファーさんたちは単なる「料理補助」的役割ではなく、それぞれ全員が「シェフ」として毎日自分の作りたい料理を作ることができます。(通常、毎日お昼までに、少なくとも2、3品のお料理をご自分で考えてお好きな料理をつくっていただきます)そしてそのお料理は、店長が確認した後で、そのまま当店のビュッフェに並ぶことになります。

ちょっと長い説明になってしまいましたが、言いたいことは、ここではウーファーさんは、毎日、料理を自分で考えて、3時間近く料理することになるので、料理が好きな人、あるいは興味がある人にとっては楽しい場所になると思いますが、もしそうでもない人にとっては、楽しくない場所になってしまうかもしれません。
そのため、最初に、念のため、これを説明しています。

自然と温泉の豊かな場所でお料理を一緒に作ったり、農作業をしたりしませんか?
活動内容は、コミュニティレストランでのお料理りづくりや準備、片付け、お皿洗いや掃除、地域の高齢者との交流、その補助などが主なものです。

---------------------------------------------

大分県の湯布院という場所で「原っぱカフェ」というコミュニティレストランを運営しています。ここでは食を通じて、世界中から集まった人たち、地元の住民、老いも若きも、障害のあるなしにかかわりなく、様々な人たちが交流し、その交流を楽しむとともに、そこから、日常の暮らしの中での助け合いの関係を生み出して行きたいと様々な実験的取り組みを行っています。


<この場所であなたが得られること、体験できるかもしれないこと>

・湯布院の地元の様々な世代の人たちも一緒に参加したり、お客さんとしてカフェにもくるので、そういったローカルな交流もできます。

・日本の料理だけでなく、様々な国の料理を他のウーファーさんたち、地元の人たちから学ぶことができます。また、料理にあまり興味のなかった人たちも料理の面白さを知ることができると思います。

・朝、昼、晩と、ランチで作った料理の残り物や、もしそれがない場合は、自分たちで好きな料理を作って食べることができます。ベジタリアン、ビーガンの方ウーファーさんも歓迎します。

・通常はカフェでの活動がメインですが、野菜をカフェに分けてくれている農家さんから依頼があれば、お店を休んだり、カフェが終了してから、農家のお手伝いにいくこともあります。

・カフェのスペースは通常、夜の10時ぐらいまでウーファーさんのために開放しています。いろんな国から来た人たちや地元の人たちとゆっくり話しをしたり、お酒を飲んだり、ゲームや音楽をしたりといった交流もできます。

・wifiがカフェにも、ウーファー用シェアハウスにもあるので、インターネットに不自由することはないと思います。

・経済効率や利益追及、競争の場とは、反対の方向を目指している場所なので、そういった暮らしに疲れた方にも、ちょっと一息ついて、自分の暮らし方を見直してみるきっかけになるかもしれません。

-----------------------------------------------------

 私たちのカフェには、お料理の値段表示はなく、代金は食べた後にお客さんが自分で決めて箱の中に入れます。また、お店として雇われているプロのシェフもおらず、ウーファーさんらを含めて、スタッフ全員がボランティアとして料理を作ります。それぞれがその日、自分の作りたい料理を自由に作り、提供されます。
 その時の経済状態に関わらず、地域の中で健康に暮らすための基本的な食事を保障していこうという、この試みは2016年1月から行っており、少しずつ定着しつつあります。

ムラづくりNPO風の原っぱ
浦田龍次

<10月から3月にかけて、ウーフされる方へのご注意>
私たちにの街は標高が500mあり、夏は涼しくて快適に過ごせますが、冬は朝や夕方の冷え込みは厳しく、一番寒い時は最低気温がマイナス10度くらいまで下がる寒冷地です。
冬の期間にウーファーとして来られる方は、くれぐれも暖かい服装を忘れずに用意してください。特に、夜、寝る時にしっかりと体を温められる服装を忘れずにご持参ください。宿泊する部屋が各部屋に石油ファンヒーター、ベッドには電気毛布、防寒用のベッドサイズのテントなどを設置してますが、それでも寒い日もありますので、防寒にはくれぐれもご注意ください。
【Yufuin, Oita】We are looking for an urgent wwoofer to help us in our cafe for around a week from Feb 21 to Feb 28!

Our place is a cafe restaurant, not farm.
90% of WWOOFers activities are cooking,and the other 10% is to help our friend farmers or residents
. So those who are interested in cooking are most welcome here
!(You don't have to be good at cooking. But we need WWOOFers who love cooking or interested in it.)

In our kitchen, each of the woofers is not merely a cooking assistant, but a "chef" who can make any dish he or she wants to make every day (usually, by lunchtime each day, the wwoofers will make at least two or three dishes of their own choice). The dishes are then checked by our manager and placed on the buffet.

This is a bit of a long explanation, but what I want to say is that here, all the WWOOFer will be cooking for almost 3 hours every day, thinking up his own dishes, so if you like or are interested in cooking, this place will be a fun place, but if you are not, it's not a fun for you.
That is why I am explaining this at the beginning, just to be sure.

------------------------------------------------------------

We run a community restaurant called "Harappa Cafe" in a place called Yufuin in Oita Prefecture. Through food, people from all over the world and local residents, young and old, with and without disabilities, enjoy interacting with each other, and through this interaction, we are conducting various experimental efforts to create a relationship of mutual support in daily life.


<What you can get out of this place and what you may experience

You will have the opportunity to interact with local people of various generations from Yufuin, as they will participate in the event together or come to the café as customers.

You will be able to learn not only Japanese cuisine, but also various cuisines of different countries from other woofers and local people. I think it is also a great opportunity for those who are not so interested in cooking to learn how interesting it can be.

The program includes breakfast, lunch, and dinner, as well as leftovers from the dishes prepared for lunch, or if that is not available, we can prepare and eat our own favorite dishes. Vegetarian and vegan woofers are welcome.

We usually work mainly in the café, but if the farmers who share their vegetables with us in the café ask us to help, we sometimes take a break from the store or go to help the farmers after the café is closed.

The café space is usually open for woofers until about 10 pm. You can talk, drink, play games, and listen to music with people from different countries and locals.

Wifi is available in all cafes and shared houses for woofers, so you will never have a problem with internet access.

It is a place that aims to be the opposite of a place of economic efficiency, pursuit of profit, and competition, so if you are tired of such a lifestyle, this may be an opportunity to take a break and reevaluate your way of living.

-----------------------------------------------------

 In our café, there is no price label on the dishes; customers decide what they want to pay and put it in the box after they eat. Also, there is no professional chef employed by the restaurant, and all staff members, including Woofer and others, volunteer to prepare the food. Each person is free to prepare and serve whatever dish he or she wishes to make that day.
 This attempt to guarantee a basic meal for a healthy life in the community, regardless of the economic situation at the time, has been in place since January 2016 and is gradually taking root.

Murazukuri NPO Kaze no Harafield
Ryuji Urata
WWOOF ジャパン
WWOOF Japan LLP(有限責任事業組合)